くろひつじのベビめも

このエントリーをはてなブックマークに追加

離乳食の話

離乳食はいつから?

だいたい5〜6ヶ月から始めます。
大人が食べているのに興味をもったりするようになったら始めるといいそうです。 

うちの子は5ヶ月くらいから始めました。
我々がごはんを食べているとよだれをダラダラこぼしていたのでw 

離乳食準備

必要な調理具、食器

すり鉢、こし器は必須でした。
フードプロセッサーとかミキサーもあると便利かも。
あとはフリージング用のケース(100均とかに売ってる)ですね。

子ども用のスプーンをひとつ決まったものを用意してあげるといいです。
「これは美味しいものをたべるためのもの」みたいに認識して、スプーンを見るだけで口を開けるようになったりします。

離乳食前半はこちらが食べさせることが多いので、小皿を多めに用意してると便利でした。
手づかみ食べなんかも始まると食器で遊ぶことも多いので、プラスチック製のがいいかも。 

食べさせるための準備

離乳食を始める前に、食器に慣れさせます。
離乳食をあげる用のスプーンを決めて、銜えさせてみたりします。
舌でべぇっと押し出したりしないようになればいいそうです。

我が家の場合、試しにスプーンを銜えさせたら、押し返すとか一切なかったですね。 

離乳食初期(ゴックン/5ヶ月〜)

あげていたもの

ほぼ液体、というぐらいのとろとろのお米やパンのお粥が殆どでした。
しかし、これが作るのがちょっと大変。
炊飯と一緒に作る方法なんかもありましたが、炊飯器が小さかったので、お鍋でコトコト時間かけて作ってました。
お米やパン以外の食材だと作るのが大変だったので、そこはベビーフードに頼りました。

子どもの様子 

最初のうちはスプーン1〜2杯程度といわれていたんですが、美味しいらしくて「もっとよこせ!」状態でした。
おっぱいも飲んでるのに…。
食いしん坊だと判明しました。 

離乳食中期(モグモグ/7ヶ月〜)

あげていたもの

お粥やパン粥をそれまでより固めに、柔らかく煮込んだお野菜など。
味付けは基本なし。
自分で作っているとメニューもマンネリだし、栄養が心配で、ベビーフードも使ってました。 

また、ボーロや赤ちゃん用おせんべいも時々あげてました。
後半くらいには普通のご飯をもぐもぐ食べてました。 

子どもの様子

早い段階で2回食に。
ご飯をもぐもぐせずに飲み込んでしまうので、市販のベビーフードやおせんべいで固形物をもぐもぐする練習をしました。

離乳食後期(カミカミ/9ヶ月〜)

あげていたもの

手づかみで食べるようになったので、手づかみしやすいおにぎりや、野菜やお肉、お魚なんかを合わせたお焼きなんかを作ってあげてました。
味付けもほんのりするように。
3回食にしたものの、足りないようで、おやつにおせんべいなどをあげてました。 

子どもの様子

食べるの大好き!でガツガツ掴んでは口に放り込んでました。
ただ、お腹がいっぱいでも口に押し込んでしまうので、食べ過ぎて吐く、ということも。
欲しがるからあげる、ではダメですね。反省。 

離乳食完了期(パクパク/12ヶ月〜)

あげていたもの

おにぎり、お焼きに合わせて、汁物も。
また、アレルギーチェックを兼ねて意識的にいろんな食材をあげていました。
栄養面が気になるときや、忙しい時はベビーフードに頼りました。 

子どもの様子

相変わらず食べるのが楽しいらしく、出されたものは基本全部食べてました。
スプーンやフォークなどの練習も開始したものの、片手にスプーンを持ち、反対の手で掴み食べ、という状態。
道具を使う、というのがまだよく分からない様子。 

幼児食(1歳半〜)

あげていたもの

自分たちの分をとりわけて味付けを薄めにしたり、という感じで、ご飯の用意が楽になりました。
牛乳もあげるようになりました。 

子どもの様子

これまでご飯なら集中して食べていたんですが、遊び食べ(歩き回りながら食べたり)するように。
食べる量も減ってきたけど、たぶん今までが食べ過ぎだったんじゃないかな…。
自分からスプーンを使って食べようとするようになりました。上手く出来なくて途中で泣くけどw
お椀を持って傾けて汁物を飲む、のは上手になりました。 

このエントリーをはてなブックマークに追加